FC2ブログ
11月23日に行われた青龍映画賞 授賞式のレポをいたします。
いつも通り私の興味ある部分だけですが。
(敬称略です)

司会はキム・ヘスとユ・ヨンソクでした。

2018120215475255f.jpg



まず、審査について説明があり、2017年10月12日~2018年10月11日に公開された映画183編が対象となっているとのことでした。

「新人男性賞」

プレゼンターはト・ギョンスとキム・ソヒョンでした。

20181202154801738.jpg


「遅れましたけど、昨年の新人賞受賞おめでとうございました」とソヒョンが言うと、「僕もソヒョンさんにおめでとうと言うことがあります」とD.O.。
「何がですか?」とソヒョンが聞くと、「最近運転免許を取得されたそうですね」と。


受賞者は・・・
ナム・ジヒョク 「安市城」

20181202154812992.jpg



「新人女性賞」

プレゼンターはイ・ジュノとチェ・ヒソでした。

201812021548218d1.jpg



受賞者は・・・
キム・ダミ 「魔女」

201812021551562a6.jpg



「最多観客賞」

20181202155207d91.jpg


1位  神と共に-罪と罰
2位  神と共に-因と縁
3位  1987
4位  安市城
5位  毒戦



「新人監督賞」

チョン・ゴウン  「小公女」

20181202155346dc2.jpg



ここで、レッドカーペットの模様が流されました。


201812021605328d2.jpg
20181202160541059.jpg
201812021605502f4.jpg
201812021605592bf.jpg
20181202160606d59.jpg


キム・ヘスは衣装を着替えたんですね!
白から黒へ・・・



そのあと、また賞の発表がありました。

「技術賞」
「撮影照明賞」
「編集賞」
「音楽賞」
「美術賞」
「脚本賞」


「人気スター賞」

2018120223302083d.png



チュ・ジフン

20181202233031737.jpg

「今日は人気賞をもらえると思ってピンクの服を着てこられたんでしょ?」とキム・ヘスに聞かれ、
「いえ、そんな事は考えていなくて、ただ、似合う色と思ってコチュジャン色を選んできました」とチュ・ジフン。



チン・ソヨン

201812022330506f5.jpg

「この前お嬢さんを出産されたと伺いました。どちらに似てますか?」とユ・ヨンソクが聞くと、
「娘じゃなくて息子なんですけど・・・」とソヨンが言って、笑いを誘いました。



キム・ヨングァン

20181202233041853.jpg

「”あなたの結婚式”ではパク・ボヨンさんと爽やかなロマンスを演じていましたが、実生活ではどんなロマンスが素敵だと思いますか?」とキム・ヘスが尋ねると、
「”あなたの結婚式”のようにずっと片思いしているのも素敵だと思います」とヨングァン。



キム・ヒャンギ

201812022330585f8.jpg

「10代最後の年ですが、20代になったら演技に違いが出ると思いますか}とユ・ヨンソク。
「さあ、そんなに違いが出るとは思いませんが、10代よりはいろいろな役が出来るのではないでしょうか?」とヒャンギ。



ここで1部が終了しました。
2部についてはまた別途レポしますね~♪



***「雲が描いた月明かり」と「トッケビ」の原作小説の日本語訳を連載中です。
是非一度覗いてみてくださいね♪

 ↓
雲が描いた月明かり」 原作小説 日本語訳

トッケビ 原作小説 日本語訳



#韓国映画 #青龍 #授賞式 #チュジフン #キムヨングァン #ナムジュヒョク #神と共に #安市城 #ユヨンソク #キムヘス







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP