FC2ブログ
SBSの月火ドラマ「30ですが17です」にはまっています。

先週、このドラマの制作スタッフが亡くなったという報道が出ていましたね。
制作現場というのはとても過酷なようで、少し前にも別のドラマのスタッフが亡くなって、家族が訴えていましたし、大変なんですね・・・。

また、「ライフオンマーズ」の撮影現場に観客が乱入して、撮影が中断されたり・・・

ドラマの撮影ってホントに大変なんだなあ…と改めて思う今日この頃です。


さて、このドラマのストーリーですが・・・

17歳のソリ(パク・シウン)はバイオリニストを目指す高校生。

20180805113941bc6.png

両親は事故で亡くなり、今は叔父夫婦と一緒に暮らしています。
でも、ある日乗っていたバスが事故に遭い、昏睡状態に陥ります。

目覚めたのは30歳のある日。
ここからソリ役はシン・ヘソンになります。

201808051232582cc.jpg

でも叔父夫婦は会いに来ません。
実は叔父夫婦はいつの頃からか消息を絶ち、ソリは見捨てられていたのです。
だけど、そんな辛い事を周りは誰も言い出せず、「今は忙しくて来られない」とウソをついてごまかします。

どうしても叔父に会いたいソリはこっそりと病院を抜け出し、自分の家へと帰りますが、そこはもう別の人が住んでいました。


ソリたちの家に今住んでいるのは、コン・ウジン(ヤン・セジョン)。

201808051232485b2.jpg

父が11年前にその家を買ったのですが、両親は今はチェジュ島に住んでいて、一人でその家に住んでいました。
ところが姉がアフリカに「国境なき医師団」(?)のようなものでボランティアに行くことになり、その息子(ウジンにとっては甥)のユチャン(アン・ヒョソプ)が一緒に住むことになりました。

20180805123308f80.jpg


ユチョンを一緒に住まわせる代わりに、姉は家政婦を雇ってくれました。
それがジェニファー(イェ・ジウォン)

20180805123237e24.jpg



実はウジンは高校生のころ、ソリを町で見かけて以来ずっと好きでした。
高校生役はコン・チャンヨンが演じています。

20180805123438c98.jpg

でも名前も何も知りません。

時々見かけるソリの絵を描いて、持ち歩いていました。
そんなある日、バスの中で偶然ソリに道を聞かれます。

それで、路線図を指しながら「こことここの2つのバス停のちょうど真ん中ぐらいのところ」と答えます。

ウジンはバスに乗っている間ずっと、絵を見せてソリに告白しようと思うのですが、なかなか勇気が出ません。
そのあいだに、ソリが下りるバス停が来ました。
下りようとするソリに、「よく考えたらもう一つ向こうのバス停の方が良かった」と言うウジン。

もう少し乗る間に告白しようと思ったんですね。

ところがそのバス停からソリの友達が乗って来てしまったので、諦めたウジンはそのバス停でおりました。
がっかりしてバスを降りてみると、ソリのカバンについていたキーホルダーがウジンについて来ていたことが分かり余す。
それでウジンは急いでバスを追いかけます。

すると、そこでソリを乗せたバスが追突事故に遭ってしまうんです。

その事故のせいで、ソリと一緒にいた友達は亡くなり、ソリは昏睡状態に陥ったまま、全く目覚める気配はありませんでした。

ウジンは自分が次の駅まで乗れと言わなければソリは事故に遭わなかったのに・・・と自分を責め、それから心を閉ざしてしまいます。


ユチャンがやってくることになった日、ちょうどソリが家を探してやって来ました。
でも、ソリはもちろん、ウジンもソリのことが分かりません。

でも、ユチャンが、「行くところもないんだから、うちにおいてあげれば?」と助け船を出してくれ、ソリはなんとかその家で暮らせることになりました。


・・・っていうカンジの話です。


ソリは見た目は30歳なんですが、気持ちは高校生のままなので、ものすごく可愛いんです!
それに、甥のユチャンがまた可愛い♪
ちょっと・・いえ、かなりおバカなんですが、めちゃめちゃ純粋な良い子で、楽しい子なんですよねぇ~

ウジンは心を閉ざしていますけど、これからだんだん明るくなっていくんでしょうし、楽しみです。

とにかく、私の大好きな「悪い人はいないシリーズ」みたいで楽しいです♪


こういうドラマがお好きな方はぜひご覧になってみてください。
まだ、4話まで放送されたばかりで、明日が5話です。

すぐに追いつけますよ~


***「雲が描いた月明かり」と「トッケビ」の原作小説の日本語訳を連載中です。
是非一度覗いてみてくださいね♪

 ↓
雲が描いた月明かり」 原作小説 日本語訳

トッケビ 原作小説 日本語訳


#韓国ドラマ #あらすじ #キャスト 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この題名、気になっていました!
そうか、事故で眠っていて目覚めたら、30才になっていたから30だけど17なのね~

シン・へソンにヤン・セジョンか~この頃、主役級の配役になってきた人達ですよね
シン・へソンは、私の幽霊様で、主人公の足の不自由な妹役でも見ました、優しい感じの女優さんで!

確かに、写真だけでも、甥っ子ユチャン、可愛い!
ちょっとパク・ボゴムみたい。
そういや、パク・ボゴムもソン・ヘギョとドラマするんですもんね、どうなるんだか~
30ですが…少しずつ覗いてみます!

PAGETOP