FC2ブログ
「zhenlyさんの仰る通りですね、シンとワン・ヨはシンの片思い的な、気持ちの通じない関係の中で、悲劇を迎えましたもんねぇ…
兄王への忠誠もあり、ワン・ヨへの愛情もあり、シンとソンの兄妹は、彼を守ろうとしたけどダメでした。
シンとソン、武家出身の2人は、気持ちの強さがすごかったですからね、死を覚悟して行動するんですから。
そこを考えると、現代で3人が再会することは、神様の計らいというか、気まぐれというか…まさに「神からの質問」ですね。」



お返事がすっかり遅くなっていてすみません。
あまりの暑さにやられたのか??
ぼーっとしているうちに時間が過ぎて行く日々が続いています。

来週末からお盆休みに入るので、それを励みに頑張らないと!!

で、そうですね。
シンとソンはすばらしい臣下ですよね。
ここまで王に忠誠を尽くしてくれる人は、高麗時代といえどもそんなにはいなかったでしょう。

ソンは忠誠心というよりは、「愛」なのでしょうけれど。。。

もし、ワン・ヨが愛するキム・ソンを守ろうともう少し強く思いさえすれば状況はすこしは変わったのではないかしら・・・と思うと残念ですね。

そうするには、彼はまだ幼すぎたのかなあ・・・

そして、今世では同居まですることになったワン・ヨとシン。
神はどんな意図をもってそれを行っているのか、神の思惑通りになっているのか・・・

答えは自分たちで考えろというのは、自分たちの意志で進んでいけば、それが答えであり、正解ということなのかなあ・・・
禅問答のようで難しいですね。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP