FC2ブログ
「ナンゴ…日本の男の子の名前みたい(笑)
どういう意味なんでしょうね?
ニックネームってことでしょうか?
日本でも、昔は身分の有る人は、子供時代の名前、元服した名前、後を継いだ名前、といくつも名前を変えましたね、そういうことかな?

ともあれ、ピョンヨンをナンゴ、と呼べるだけの間柄ではあるユンソン。
今は大人の事情で、仲良くは出来ない…寂しいですね。

zhenlyさんの仰る通りに、それぞれがラオンの真実について、それぞれの思いで、ラオンを守ろうとしたり、利用しようとしたりしながら、駆け引きが始まってるんですね~
こうして考えると、ラオンにぐいぐい真っ直ぐ気持ちが向かっているのは、やっぱりヨンですね
ピョンヨン、ユンソンは、ラオンの出自まで恐らくは知っているからか、ちょっと複雑そうで…出遅れちゃうんだけどなあ~もう遅いか…」



確かに、ヨンは他の事を心配する必要がありませんからね。
「どうして女性が宦官に?」という疑問はあるでしょうが、そこまで深く悩んだりはしないでしょう。
なので、純粋にラオンのことだけを思っていられる。
かなり有利ですね。。

今のところ、自分の気持ちに気づいているのもヨンだけでしょうか?
ユンソンは全く気付いていませんし、ピョンヨンもまだ自覚はないような・・・

そこもだいぶ差を開けられている気がしますね。
ヨンはラオンに向かってどんどん突き進んでいきますもんね。。

やはり、目的を決め、そこにまい進していくということは大切なことですね(笑)






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP