FC2ブログ
「更新、ありがとうございます~

シンの気持ちが切ないです
ウンタクが泣いていた、とサニーから聞いて、彼は、もう、いてもたっても居られなくて。
姿隠されると、呼ばれないと会えないんですもんね
剣を抜かなくてもいい、一緒に生きて、一緒に死のうって言いたくても。

ドラマではトッカがサクッと出てきて、というシーンでしたが、原作は困り果てて、泣くのですね…

そして、直符のウンタクへの気持ちも、真っ直ぐで…
記載漏れのまま書類をあえて上げず、死なないようにしてくれて、一緒に暮らしてたんですね

残忍で非道な神…ホントねぇ…一生懸命なシンとウンタクにここまでする必要って、何なんでしょう?

この時、ソウルは土砂降りだったかな…?」



ここは切ないですね・・・
ドラマではシンが泣いている姿はなかったので、小説のほうがジーンと来ます。

ドラマではトッカがすぐに出てきましたもんね。

そういえば、前にも同じようなことがありましたね。
何でも出来ると思っていたのに、ウンタク一人を探せない…と言って、落ち込んでいました。

ただ、その時は自力で海辺にいるウンタクを見つけられたのでしたが・・・

そこで、今回は自力では見つけられず、直符の力を借りることにしました。
余計にウンタクに死が迫る状況になるかもしれませんが、背に腹は代えられないということなんですね。

そして、書類をあげるというのは大変な作業のようですが、直符はトッケビのためにそれをしてやることにするんですね。
直符って結局いい人なので(笑)


そういえばドラマで出てきた直符の後輩の直符使者。
素敵でしたよね。。
あの人、小説ではあまり活躍しませんけど、ドラマでは何かと活躍してました。

結構暗いストーリーの中で、笑わせてくれる重要な存在でしたよね。。。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP