FC2ブログ
「更新、ありがとうございます~

いやはや、じっくりと読み進むと、この場面、結局はわかっているのに知らんふりし続ける、という我慢大会のデートなんですね~

自分のした事に対して、『問い詰めないのか?』とコメントを催促しちゃうヨン
それで上目線で(笑)堂々と持論展開のラオン
どんだけ、図々しいの?本当の所…声とやってることでバレバレ(笑)

そして、天灯をあげて見たそうだった、と観察していたことがわかるし、ラオンも描いた願い事で、わかっちゃいますよね、タニのことや、小さい字で書いた、とは言っても花草殿下とキム兄って書いたら読めますよ~(笑)
そういうヒントをちりばめて読者に教えながら、作家さんは幻想的でロマンチックなシーン、作り上げていくんですね」



確かに、お互い分かっているのにそれが言えなくて、結構ストレスフルな場面かもしれませんね。。
で、タニっていう名前を書いたらバレるでしょうに!と私も思いました。

ラオンって、ホントに詰めが甘いですよねぇ~
まあ、もうすっかりバレてるから関係ないけど(笑)

で、肝心の「花草殿下とキム兄・・・」のくだりを、ヨンは読めたのかしら??
もし読めたとしたら嬉しいでしょうね。。
ラオンの気持ちが分かって。

まあ、残念ながらキム兄と並列ですけどね(笑)

そして、確かにヨンはラオンのことをじっと見てたんだなあ・・・って分かる場面なんですけど、ラオンは気づかないんですね。。
う~ん、残念すぎましたね・・・

ラオンは恋愛相談にたけてる・・・っていう看板を下ろしたほうがよさそうですね(笑)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですね~、zhenlyさんの指摘で気付きました!
キムヒョンとヨンは、同じ重さなのですよね、この時点では。
ラオンは、まだ、自分の中に芽生えたヨンへの特別な気持ちを自覚出来ていませんよね~
それでいて、正直な気持ちで「願い」を書いちゃう…そこが可愛いのかな~ヨンには。

そして、ホントにこんな鈍感な(笑)人が、恋愛相談…ってのは、確かに看板下した方が良さそう!

PAGETOP