FC2ブログ
「この美しい女性がラオンだと気付いていたのですね。

ラオンが実は女性だということには気づいているのでしょうか?
そこが気になる・・・
だって気づいていたらドラマであったような宦官に恋した自分に葛藤するヨンのエピソードはなくなりますものね。」



小説でも、葛藤している場面がありましたよね。

  ↓
雲が描いた月明り 原作小説 2巻-16 続き1


そして、今の状況で、ラオンだと気付いているとしても、おっしゃる通り、「女性だと気付いた」のか、それとも「女装している」と思っているのかは分かりません。

普通に考えたら絶対後者だと思うのですが、ヨンはどう思っているのか・・・、それについてはまだ触れられたいませんね。
もう少し様子を見てみなければ・・・

ただ・・・、
それについて悩んでいる様子もないんですよね。
ひょっとしたら、直感が何かを教えてくれたのかも。。

どちらにしても、はっきり私たちが分かることになるのは、もう少し先になりそうです。。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お返事ありがとうございます。
続きが待ち遠しいです。

PAGETOP