FC2ブログ
ジナの会社では、代表が女性社員全員と会食すると言い出しました。
そして、部長に「それまでに女性からセクハラに対する聞き取り調査をしておいてくれ」と指示します。


食事をしているジナとジュニ。

2018052419223333c.png


「前にこの店に来た時、俺が”付き合ってくれ”って言いたかったの、気づいてた?」
「イライラして死にそうだった」と言って笑うジナ。

「それで、私たちが初めて会った時・・・じゃなくて、だから、久しぶりにまた出会った時、どうして知らんぷりして行っちゃったの?」
「自転車で会社を出たとき、向こうから一人の女性が歩いて来たんだ。
なぜか気になったんだ」
「もう、男って・・・」

「そういうんじゃなくて・・・。
それで、ちょっと見に行ってみたらすごく可愛いんだ。
いいなあ・・・って思った瞬間、ふと、ユン・ジナ?って気づいたんだ」
「がっかりした?」
「驚いた。俺が知ってるユン・ジナに間違いないのか?
前からこんなに可愛いかったっけ?って」

「はいはい。そういうことにしとくわ」
「ホントだよ。」

ここからしばらくその後の二人の回想が続きます。

出張に出た夜の場面は、この前は出てこなかった場面でした。
朝、ジナが目覚めると、一人でベッドで寝ていました。それで、1階に降りてみるとジュニがソファで寝ていました。
胸にスケッチブックを抱えたまま。

そっとそれを取り上げて中を見ると、自分の似顔絵が・・・。
口紅を塗り、それを少し指につけて、ジュニの唇に塗り、そのあと、似顔絵の隣にキスするジナ・・・。

「卑怯だな。寝てる間にそんなことするなんて」

これも、「あなたが寝てる間に」を意識したセリフなんでしょうか??

「寝てる方が悪いでしょ?」
「先に寝たのは誰だ?」
「起こしなさいよ」
「ああ・・・、起こせば良かった」と残念がるジュニ。

笑いだすジナ。

「何が面白いんだ?」
「なぜだか分からないけど、すごく笑えるの」

「わあ・・大変だ」
「どうして?」
「えっと・・、みんなに自慢したくて仕方ないから。
ユン・ジナが可愛いすぎるて」
「チっ」
「ほんとだよ。深刻なんだ。病気かもしれない」
「ハァ・・・」

「それでなんだけど、俺の友達に会ってみない?」
「友達?」
「カップルばかりで集まってするキャンプだから、パートナーがいれば参加できるんだ」
「・・・・・・・」
「あっ、考えてみるって言っただけなんだ。
イヤだったら・・・」

「そうじゃなくて・・
カップルってことは私が一番年上じゃない?」

にっこり笑って首をふるジュニ。

「そんな風にしても慰めにならないわ。
年取ってるんだから」

「可愛いな」と言って、ジナの頬をつねるジュニ。
そして、キスする2人。

201805241922434fa.png

その時ちょうど店に入って来たクム・ボラを見て、びっくりするジナ。
もちろんボラもびっくり。

ジュニの困った顔も超キュート(笑)


ジュニが店の外に出て待っている間に、ジナとボラが話しています。

20180524192251986.png

「わあ、ショック。それで、カン・セヨンをどうするつもり?
百戦百勝の女神様がどんな顔するかって思ったら今から楽しみ。
ユン・ジナが変わったのはこのせいだったのね。拍手するわ。
かっこいい。で、今度おごりなさいよ。
あっ、でも一人で来てね。2人で来て目の前でキスされたらかなわないから」


・・・・続きます。


















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いよいよ、職場でのセクハラ問題もきな臭くなってきましたね
大抵は、もみ消しに走るのではないか、と企業の自浄能力には期待せずに考えてしまいます

ジュニとジナの2人きりの食事シーン、結構多いんですよね~トッケビなんかだと、そういうシーン、少ないと思うんですよね、話しながら食べながら、って演技も大変でしょう

チョン・へイン、首が長くって、その長い首、ヒューッと伸ばしてチューってするんですよね、それが、ジナを愛おしむ仕草に感じられて、良いんですよね~

それにしても、ばれたのがボラで良かった、カン・セヨンに見られたら、パニックですよ~

PAGETOP