FC2ブログ
MBC金曜ドラマ「甘辛オフィス」を見ています。

韓国のドラマと言えば毎日ドラマを除いて週2回放送が普通だと思っていましたが、このドラマは週1回です。

主演はイ・チョンアが演じる事務職の会社員・トウンス。

2018100811341976d.png

現在の役職は課長。

食べる事が大好きで、食べ物に関する知識は豊富。
・・・という意味では、「孤独のグルメ」にヒントを得て作ったドラマなのかもしれませんね。

上司の部長がかなりクセの強い人で、部長に振り回されながら仕事をしているウンス。

最初は部長に嫌われていなかったのに、なぜか今は嫌われているようだと感じたウンスは周りの人たちにその理由を聞いてみます。

すると部下の女性は・・・
「メールの返事が悪かった」と言います。

部長が飲み会のあとラインで「ちゃんと家に帰れよ!」と送ったメールの返事に、「はいはい」と答えたのが悪かったというのです。
それだと「めんどくさいなあ・・」と思われると。

じゃあ・・・、こう返事すれば良かったの?と聞くと、
「はい」・・・冷たく見られる。
「はいン」・・・からかっているように見える。
「はい フフ」・・・あざ笑っているように見える。
「はい。。。」・・・心の中で別のことを思っているように見える。
…と言われ、じゃあ、どうすりゃいいの??

それで次は同期で次長のユ・ウンジェ(ソン・ジェヒ)にも聞いてみます。

20181008113429b28.png

すると彼は「部長の意図がちゃんと掴めていない。お前は空気が読めないから」
と言います。

通称「部長翻訳機」のウンジェいわく、
部長が「ダイナミックに仕事をしよう!」というのは、「週末に登山しよう!」という意味だ。
らしいのですが、そんな事分かるわけないじゃん!

で、当の部長はすぐに機嫌を悪くするやっかいな人ではありますが、自分なりには頑張っているようなのです。

201810081134108d7.png

ウンスが部長の机の上の奥さんの写真を見つけ、家族思いなんだな・・・と思い、
「奥様ですか?」と尋ねると、
「そうだ。これを見てがんばろうと思って。
この妻との暮らしに耐えているんだから、会社の仕事ぐらいなんでもないってね」
と答える部長。

とにかく会話が面白くて笑えます。


それから、ウンスの趣味が食べることなので、毎話美味しそうな食べ物がいっぱい出て来ます。

前にチョンアの彼であるイ・ギウ主演の「猫年の料理人」というドラマがあって、それも美味しそうなベトナム料理がいっぱい出て来て私はそれ以来ベトナムに行きたくてたまらないのですが・・・、それと同じような雰囲気を感じます。


ストーリー自体は特にこれ!というものはないのですが、毎日のオフィス生活で感じる事が盛り込まれていて、そういうところが面白いです。

月曜日の朝の憂鬱さをそれぞれどうやって吹き飛ばしているか・・・とか、会社生活での唯一の楽しみは昼食時間・・・とか、私も会社員なので、共感できるところがいっぱいあります。


このドラマも、「悪い人は出てこない」シリーズのようで、なかなか面白いですよ♪






関連記事
スポンサーサイト

PAGETOP